読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソラのダラダラゲームブログ

気ままにダラダラをモットーにブログをやっていきたいと思います。不定期に書いていくつもりです。面白いと思われれば幸いです。

パタポン2 攻略 その23

パタポン2

 

~超希望への放物線~

 

こうやって書いていて気づきましたがミッション名、変わっているんだね。

 

前はたしか絶望って書いてあったと思うけど。

 

さて、今回は前回ぼこぼこにされた要塞へのリベンジ!

 

一度要塞まで行っているので何があるかはわかっています。

 

勝つためには

 

①要塞に近づいてはいけない。

ギロチンにのこぎり、大砲があるから近づいたら瞬殺される。

 

②敵を近づけてはいけない。

投石機は壊れやすいため、近づかれたらアウト。弓の遠距離攻撃の射程にもできれば入れたくない。

 

③敵を迅速に倒す。

敵を即座に倒せないと被害が増す一方。特に敵の弓は着火が高く、一度火が付くと消えるまでどうしようもない。

 

この3つ。

 

②、③は大丈夫。ヒーローが蹴散らしてくれるから近づくころにはほとんど倒せる。

 

問題は①。基本的に前衛の攻撃は、近づかないと効果をはっきしてくれないので近づかないといけないんだけど。

 

どうすんの?これ。

 

メンバーきまりました。

 

たてポン、ゆみポン、めがポン、そして…

 

ヒーローはとりポンです!

 

いやあ、前々から作ってはいたし使ってたんだけどきばポンの方がはるかに強いからストーリーでは使いませんでした。

 

今回、そのきばポンが全く機能しないのでとりポンです。

 

本当はめがポンの代わりにとりポンかまほポンの部隊を入れたかったけど、とりポンはまだ2体しかおらず、まほポンは杖の使い方を全く理解していないので使いません。

 

ちなみになぜやりではないのかというと、敵の大砲の攻撃が届く範囲が槍の射程距離なので壊滅を恐れて使いませんでした。ヒーローなら復活するし、最悪壁代わりになるでしょ。

 

なにせ今回の主役は投石機なのだから。

 

 

 

最初の敵の砦やその後のだいてっぺきなどに行く手を阻まれつつもなんとか要塞まで到着。

 

投石機はなんか煙吹いているけど大丈夫だよね。

 

また、要塞直前でジゴトン軍が後方から戦車に乗って現れ、パタポンを援護してくれました。

 

たてポンと並ぶような立ち位置にいるからたてポンのダメージが抑えられてありがたい。

 

要塞まできたら、大砲の射程にギリギリ入らないところで攻撃と防御を繰り返し、投石機の攻撃を援護しました。

 

最後、投石機が壊れもうお終いかと思ったその時にヒーローが決めてくれた時はとても嬉しかったです。

 

パタポリス帰還後、いつもある宴が今回はないなと思っていたら兵士のパタポンが「メデンがいなくなった。」と言ってきました。

 

 

マジで?

 

~お約束か!?メデン誘拐!!~

 

正直、大して役に立ったという気がしないし、ミッションの説明にも「戦場でウロウロしていた」とか書いてあるからあきらめるしかないんじゃないかな。

 

まあ、助けに行くけど。

 

ステージの最初に大きい馬車がありその中にメデンがいました。

 

馬車はあのカタツムリのように固く、遅いのでとにかくめんどくさい。

 

馬車に火をつけるとメデンが「熱い」と文句を言ってきますがすぐ消えるので気にしませんでした。

 

敵も鳥や魔法を使ってきましたが正直相手になりませんでした。

 

馬車の方がカタツムリのように固いので面倒だったかな。

 

まあ、カタツムリのようにひるんだりしない分、早いからましだったけど。

 

救出後、まだ先がありそうにもかかわらず、クリアとなりました。

 

パタポリス帰還後は、メデンが何やら言ってたけど無視。

 

もう二度と、戦場に出てくるなよ!

 

今回はここまで。次回は…また要塞?